So-net無料ブログ作成
検索選択

デジカメに1000万画素はいらない? [デジカメ]

先日、amazonで、こんな本を見つけました。

デジカメに1000万画素はいらない」(たくきよしみつ著)です。


(amazon)

内容は、最近のデジカメは、画素数を多くしないと売れないから、メーカーは、その必要がないと
知りつつも画素数を多くしている、といった内容です。

以前は、「高画素数だからきれい」と宣伝されていたようです。
ゆえに、そう思いこんでいるユーザーが多いようです。

確かに、分かるような気がします。

皆さんは、デジカメで写真を撮ってどのようにその写真を鑑賞しているのでしょうか。

例えば、パソコンのディスプレイで見るとすると、ディスプレイの大きさは、

多くは

   1024 x 768 ドット 総ドット数 約80万
   1280 x 1024 ドット 総ドット数 約130万

だと思います。

このディスプレイで一枚の写真の全体を見るには、例えば、1000万画素のカメラで撮った写真も、
このディスプレイの総画素数まで落とす(削減する)ことをしなければなりません。

また、印刷して鑑賞している方々も多いかと思います。
印刷の紙の大きさは、A-2、A-4サイズで印刷されている方もいるでしょうが、多くはL版または
2L版かと思います。

例えば、300dpiのプリンターで、L版縁なしで印刷するとすれば、158万画素、2L版でも315万画素
で済んでしまうと云う事です。

だからと云って、200万画素や300万画素のカメラで良いと云う訳では無いと思いますが。

多くのコンパクトデジカメに入っている撮像素子(CMOSやCCD)は、4~6mm角ぐらいの大きさです。
この面積のなかに、1000万以上の区画が有る訳ですが、皆さんは想像出来ますか。

区画を多くして、1個の区画を小さくすると受光する能力が下がるため、それをソフトで補完
しているようです。

撮像素子の1ヶの画素面積が小さくなれば、隣り合った画素に光が溢れて記録されるため、
ノイズが出やすくなり、色の階調も浅くなるようです。

いままで、知らなかったことが分かり、その他、「なるほど~」と云うことや「ほんと?」と云う事が
多く書かれています。

詳しいことは、この本にお任せして、手頃な本ですので興味の有る方はどうぞお読みください。


(amazon)


Lサイズで印刷して楽しんでいる自分にとって、最近、600万画素、メーカーの云うA-3サイズ相当で撮影して、
メモリーの倹約を図っています。

持っているデジカメのフルサイズは、A-2サイズとの事ですが、A-2サイズで印刷する機会は絶対に無いと
思います。

その内に、400万画素、A-4サイズ相当まで下げて見ようと思っています。



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 1

バーバリーブラックレーベル

はじめまして。突然のコメント。失礼しました。
by バーバリーブラックレーベル (2013-07-31 12:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。